2 スマイルセンセーション

6人体制での初のオリジナルアルバム。

ようやく出た!という感じですね。

ちょいかわ番長ツアーと今回のアルバムで、「6人スマイレージ」が本格的に軌道に乗ってきたなという感じがします。

 

メンバーいわく、このアルバムは神曲だらけだそうです!

自画自賛っぷりが半端ない(笑)

 

まぁそこまでのものかどうかはともかく、非常に充実した内容の佳作であることは間違いないでしょう!

 

シングル以外の楽曲を見ていきます。

 

オープニングの『新・日本のすすめ!』がいきなり素晴らしい。

曲調が様々なジャンルへ次々に変化していく複雑な構成がとてもスリリング。

非常に変わった曲でありながら、ムードは勢いがあって前向きです。

歌詞にも「夢はまだ成長中」とか「僕はまだあきらめない」とあります。

今のスマイレージの姿に重なりグッときます。メンバーの今の心情もこんな感じかもしれません。

6人スマイレージはこういう勢いのある曲が似合うんですよね。メンバーとの相性がいい。

音楽的強度と意味深さが並び立っている傑作だと思います。

この曲が1曲目だからアルバムの完成度が上がったとはタケちゃんの談ですがその通りで、この1曲目がアルバムの価値を一段高いレベルに押し上げていると思います。

あとはめいめいの堂々した迫力ある歌唱に注目ですね。

ついこの間までお子ちゃまが背伸びしてる感じだったのが、一気に本格派なムードを漂わせ始めました。

このまま成長したらどうなるか、末恐ろしい!

 

『天真爛漫』はかわいらしい王道アイドルソングといった風ですが、どこか壮大な雰囲気を感じさせる曲です。

すでにライブで披露されていますが、異様な盛り上がりを見せていて、今後ライブでの定番、新たなスマイレージアンセムになりそうな予感があります。

等身大な女の子の心情が、日常的なところから一気に宇宙規模へと飛躍していく歌詞も素晴らしい!名曲!

 

『私の心』は、ほろ苦く切ないバラード。美しい。

メンバー全員素晴らしい歌唱を聞かせてくれますが、個人的にはあやちょが素晴らしいと思います!

特に、最後を締めくくる「見てくれない」のとこが今まで聞いたことない切ないニュアンスで、最高に胸キュンです!

 

『夕暮れ恋の時間』は早い話が二期タンポポ路線の曲。こういうオシャレ×萌えなポップス歌わせたらスマイレージの右に出るものはいないのではないでしょうか。

ニゾンなしですべてのパートがソロで歌われているのですが、メンバー全員が「かわいさ100万点」を叩き出しています!

あやちょは落ちサビのところが、かわいさ100万点!かにょんは最後の「よし!」のところが、かわいさ100万点!

タケちゃんは「駆け巡るのね」のところが、かわいさ100万点!かななんは全体的にみんなに頑張ってついていこうと必死感出ちゃってるとこが、かわいさ100万点!

りなぷーは「う~ん」のとこが、かわいさ100万点!めいめいは「おいでと誘った私」の「と」と「た」の微妙な上ずり具合が、かわいさ100万点!

6人が100万点叩き出したらあわせて600万点ですからね。

かわいさ600万点を叩き出せるグループ、それがスマイレージなのです。

素晴らしい!

 

『大人の途中』と『ねぇ先輩』はどちらもヒラショーアレンジによる激しいダンスナンバー。

ヒラショーアレンジ、ここ最近、娘。や℃-uteに比べると、スマイレージではつんくPの監視が甘いのか、非常に激しく暴れまわっております。(そういうことでいえば、最凶なのは、旅立ちの春がきた。のカップリング、「どうしよう」か。)

切迫感あふれる楽曲にスマイレージのメンバーも食らいついていて確かな成長を感じさせます。

同路線のデビュー曲『夢見る15歳』の主人公の数年後。を見てるかのような歌詞にもなにかの意味を感じなくもない。かな。

 

『さよなら さよなら さよなら』は、だらしない男に別れを叩きつけるヘビーな雰囲気の曲。

不穏なAKIRA氏のアレンジが冴え渡ります。

どうなんですかね、もっと思いきりドロドロにしちゃったほうが面白かったかもしれませんね。

とはいえスマイレージにとっては新境地を開く曲になるでしょう。そういう意味では重要な曲かもしれません。

メンバーの歌唱でいえば、意外といっちゃなんですが、かななんが意外にはまってます。びっくりしました。

あやちょも心なしかイキイキしてるような…。

 

シングル曲3曲も良いところに配置されました。旅立ちの春がきた。は聞けば聞くほど良い曲だなぁって思います。

 

 

とまぁこんな感じですかね。

先日デビュー記念日に行われたアルバム発売記念イベントも良い感じでした。

メンバーのやる気と技術、表現力の充実ぶりが上手く噛み合っていたなぁと。

特に『私の心』『大人の途中』でのメンバーの曲の世界への入り込み方が素晴らしかったです。

こんなクオリティの高いステージみせられるんなら、ツアーやらなけゃもったいないよなぁ…。

ぜひやりましょう秋ツアー!