「完璧じゃないからこそ色褪せない」℃-ute楽曲大賞2006~2017


1位 アイアンハート

爽快で少しアメリカンな匂いのするパワーポップというかロックナンバーで気持ちいい。好きでよく聞いていました。
しかし何よりこの曲を強く推したいのは歌詞のとある1フレーズが理由です。

「険しい日々ほど 忘れない 完璧じゃないからこそ 色褪せない 全ては無駄じゃない」

紆余曲折ありまくりの℃-uteの長い活動期間を振り返ろうとしたとき、このフレーズがとても感動的に響いてきます。
なにもかも順調に行っていたらたどり着けなかった境地へとたどり着けたということ。だからこそ今の幸せな状況があるのだということ。そのことの重みを感じさせてくれるフレーズだと思います。
あとアイドルという存在は完璧じゃないからこそ魅力的なパフォーマーである。ということもちょっと示唆してる感じもあって、それをキャリアを重ねた℃-uteメンバーが歌っているのも良いですね。
この曲(と我武者LIFE)でもって今までの℃-uteの活動を幸せに「総括」できたことはほんとによかったと思います。(SHOCK EYE氏は良い仕事したかと!)
℃-uteの活動を振り返るという今回の企画の趣旨のひとつを考えれば、この曲が一位に相応しいのかなと思いました。


2位 愛ってもっと斬新

この曲の音楽的強度の高さはもう少し評価されても良いかなと思います。
Kiss me 愛してる』以降のアダルトで激しいダンスナンバー路線の最高傑作かと。
アーバンな雰囲気とロック的ダイナミズムが違和感なく絶妙にブレンドされたアレンジがまずかっこよすぎる。平田祥一郎氏やっぱりすごい。
構成や音の配置なども余計な贅肉がなく引き締まっていてスタイリッシュ!
あとやっぱり、手癖感がまったくない、工夫を感じさせるつんく♂のメロディーも良くできていますね。
サビメロの休符(ブレイク)と3連符を組み合わせた、それこそ「斬新」さには舌を巻きます。
歌詞も悪くない。
俺が推さなけゃ誰が推す!で2位浮上です!


3位 Danceでバコーン!

℃-uteと言ったらこの曲。って感じありますよね。リリース当時あった閉塞感を完全に取り払った勢いとパワーは、今聞いても感じることができます。
こういう破れかぶれとも思える勢いのある曲やっぱり自分好きですね。


4位 大きな愛でもてなして

言わずと知れた超名曲なのでもう語ることないですよ。
過去の自分の記事にこの曲のことについて書いてあるものがあるので読んで頂ければとおもいます。


ちなみにこの曲の「神聖なるVer」も実は好きです。


5位 EVERYDAY YEAH!片想い

ひたすらかわいい曲なのになぜか胸を締め付けるような切なさがある系楽曲の最高峰のひとつ。
この曲を聞くと、BOOK・OFFで投げ売りされてる萩原舞in八丈島のDVDを回収したくなるし、文春に変な写真を撮られてもまいまいさんの幸せを願わずにはいられなくなります。
芸能活動からは身を引くということですが、萩原舞さんどうかお幸せに!


まだちょっと早いけど℃-uteのみなさん。本当に本当に長い間お疲れ様でした!


次点であげておきたい楽曲たち。
タイムカプセル、桜チラリ、One's LIFE 、Bye Bye Bye!、君の戦法、Kiss me 愛してる、あったかい腕で包んで、悲しきヘブン、我武者LIFE、次の角を曲がれ、人生はSTEP、ありがとう~無限のエール~(tofubeats remix)