ハロプロ楽曲大賞 10周年企画 ハロプロシングル大全集 投票したよ

どうせ娘。黄金期の曲とか上位にくるだろうし、どうせなら「俺が推さなきゃ誰が推す!」っていう曲にしました。
いやそういうところを抜きにしても、素晴らしい楽曲、名曲ばっかり選んだと思います!


1位 Berryz工房 ギャグ100回分愛してください


2005年の大賞では11位・・・。シンジラレナーイ!
こんなかわいくて、胸キュンで、楽しすぎる曲が11位だなんて・・・。
機械的でずっしりとしたビートの上で、軽快なピアノ単音ソロがおどっているという奇妙なバランスのバックトラックの上に、
コミカルでかわいいメロディーが乗っているという、ジャンル分け不能なオリジナリティ。
それよりなにより、ベリの「チーム感」を浮き上がらせる説得力あるパート割りがしっかりとあるというところが、
娘。黄金期の楽曲に負けていない、素晴らしい曲にしていると思います。
「のにゅのにゅ」飛び道具としての後列メン、徳永千奈美ちゃんが、正しく機能している。
これぞBerryz工房。これぞハロプロ


2位 スマイレージ あすはデートなのに今すぐ声が聞きたい


2期タンポポ風の曲なんていわれてますが、そんなコンセプトの曲をHIP HOPのトラックメーカーのAKIRAにアレンジさせるっていうアイデア面白いですね。
結果、2期タンとも違う雰囲気の曲になってます。新鮮新鮮。
4人の甘い歌声にも凄くマッチしてて、聞いてるときの胸キュン度は過去のハロプロ楽曲の中でもかなり上位。今の気分だとNo1です。
インディーズで出したのがもったいないくらいの完成度。
一時期より勢いなくなったとはいえ、今でもこれくらいの曲がだせるんだっていう、つんくハロプロの底力をしめした曲でしょう。
今でもハロプロいけてるぞっていう意味でも2位にする価値があるかと思います!


3位 ℃-ute 大きな愛でもてなして


胸キュンテクノ歌謡の傑作。これから始まる℃の苦難も栄光もまだ知らない時期の希望に満ち溢れた雰囲気。今となっては胸が締め付けられます。
何気につんくメロディーの中でもこれは異彩をはなってるというか。当時の℃にかけるつんくの意気込みを感じますね。
Aメロがオールファルセットなんてこの曲だけですよね。
長い歴史のなかでもオンリーワンな個性を持ってる曲ということで価値は高いと思います!


4位 ZYX 白いTOKYO


のちにマジグットチャンスサマーやショートカットという名曲に連なっていく、ヒラショーアレンジの多幸感あふれるキラキラダンスチューン。
その先駆けがこの曲。歴史的価値はあります。
サビ終わりの「今日も好きだよ」「ずっと大好き」のところが猛烈に良い!
ハロ楽曲の歴史上胸キュンの瞬間最大風力観測地点はこの部分かもしれません。
全体的な楽曲の雰囲気(ジャンル的にハウスだディスコだ洋楽っぽいだとか・・・)それも大事ですが、やはりアイドルソングなので、
肝心のアイドルちゃんの歌唱が楽曲をいかに高いレベルに押し上げているっていうポイントが良曲の条件というか、そういうことに気づかされる曲ですよね。
オリジナルの村上愛さんVerもいいのですが、和田彩花ちゃんの「今日も好きだよ」「ずっと大好き」もすんごく良いですよ!


5位 モーニング娘。 リゾナントブルー


この曲はパートも偏ってるし、アイドルソング的なケレンミや仕掛けもあんまりないので、自分のグループアイドル観、ハロプロ観からいうと、
あんまり手放しで良い!って言いづらいんですけど、ただそれを抜きにしてもすんごくかっこいい曲で大好きなんです。
さゆの「ヘルミーいい!!!」でどうにかアイドルソングとしての体裁を保ってますね。
とにかくシンプルで無駄をそぎ落としたストイックなバックトラックは、過剰になりがちなJ-POPのアレンジ中で異彩をはなっているというか。
そこはかなり評価できるポイントだと思います。
ハロプロ楽曲はレベルが高いってことを示してくれる楽曲ですね。